晴れ、ときどきLiz

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

記憶

20071011171804
仕事の途中、ふと、甘い香りに誘われて立ち止まりました。

周りを見回し、目に入ったのは、小さくて黄色い花を無数につけた金木犀。

いつの間にかそんな時期なんだ、と思いました。
その甘い香りをかぐと、鼻の奥のほうから呼び戻される記憶があります。

それは小学校の運動会。

男の子のようだったワタシは、全身砂まみれで“誰にも負けない”をスローガンに、全ての競技に全力で向かっていました。

そんなワタシを嬉しそうに応援してくれた母。

今思うと、母の嬉しそうな顔が見たくて頑張っていたのかもしれません。

お昼休みに母の待つ席に戻り、順位を誉めてもらいながらお弁当を食べるのがホントに楽しみでした。

おいなりさんと唐揚げ、そして少し早いミカン。

必ず入れてもらうメニューでした。

まだ酸っぱいミカンを口にほおばり、午後の競技に駆け出す。

母の「頑張って」の声に背中を押されて。


校庭のすみにあった金木犀が…街角のいたるところにあった金木犀が香るころ。


全身を、全力で伸ばして笑っていたワタシが記憶の中に蘇る。

深呼吸して、今日も胸いっぱい金木犀の香りを感じたいと思います。
スポンサーサイト
2007/10/11(木) 17:17:19 日記 トラックバック:0 コメント:0
<<二日酔い | ホーム | 桜?!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lizkiss.blog98.fc2.com/tb.php/186-3f9831d9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。