晴れ、ときどきLiz

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

カウンセリング

空腹に耐えた昨日の健康診断。

身長、心電図、眼底検査、採血、etc.…

流れにのって手際良く、あっという間に終わりました。

「これで終わりです」と言われ廊下に出ると、また長机があり、数人の職員らしき人たち。

内心“まだあるんだ…”と思いながら近づいて行くと、どうやら任意の健康相談コーナー。

「心と体の…」とうたわれたコーナーで、私には無縁に思われましたが、

「どんなことでもイイですョ。地震のときのこととか、体験されたことを話してください」と、にこやかに言われた方の笑顔に惹かれ、初めてカウンセリングの席についてみました。

たしかに地震直後は、悲鳴やサイレン、その光景が蘇り、眠れない夜があったりしました。

その後も涙もろくなったり。

でも、そのつど「そんなに弱いはずないだろう!頑張れ自分!」と言い聞かせて、今まで走れてきました。

しかし

本職の方に話を引き出されると、あれやこれやと自分の中にあるものが出てくるんですね。

最後のころは自然と湧き上がる涙があり、脱力するほどの安心感がありました。

「とりとめのない話でイイんです。自分の中のハードルを上げずに、いつでもホットラインへ電話くださいね。」 つづく
スポンサーサイト
2007/08/29(水) 18:14:22 日記 トラックバック:1 コメント:0
<<カウンセリングⅡ | ホーム | チェック!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lizkiss.blog98.fc2.com/tb.php/149-12e49f43

眼底検査眼底検査(がんていけんさ)とは、瞳孔を通じて眼球内の網膜、視神経乳頭などを検査することをいう。検査には、検眼鏡、細隙灯顕微鏡、直像鏡、倒像鏡、眼底カメラなどを使う。眼底検査は網膜硝子体疾患、視神経疾患の診断・診察に有用な検査である。また眼底は直接
  1. 2007/09/29(土) 15:29:00 |
  2. (目)のすべて
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。